ネイリストとしての実務経験が長くなると、

「そろそろ違うお店で実力を試したい!」

そんな思いにかられるもの。

「転職のタイミングは?」

「月収の変化は?」

転職の基礎知識をつけてから、求人へ申し込むようにしましょう。


転職を考えるタイミングはいつ?

一つのお店で働き続けていたけれど、 「ずっとこのままでいいのかな?」 そんな考えが過ることもありますよね。

ネイリスト業界では、転職してスキルアップを目指す方が少なくありません。

求人を見ても、経験者歓迎の文字が多く並んでいますよ。

その一方で、転職理由に説得力がない場合、採用へ至らないケースも。

多く見られる例が、

「前職(現職場)での勤務経験が1年未満」

「転職したい理由が不透明」

というものです。

経験ありを名乗るなら、一つのサロンで最低でも1年、できれば2~3年の実務をしておきたいところ。

その上で、どうして転職を考えたのかを明確にします。

「技術やスキルをもっと磨きたい」

「今のお店では、収入が上がらない」

「管理職を目指したい」

など、思ったままをアピールしてOKです。

実力のあるネイリストは、いつでも採用したいのがネイル業界。

持っている資格や、得意なデザインなども、存分にアピールしたいですね。


転職後の収入はどう変わる?

別のネイルサロンへ転職を考える場合、多くの方が今以上の収入を求めるでしょう。

経営者側も、実力が分かれば、高めの給与設定で迎えてくれるはずです。

求人情報に載せられている月収は、20万円~30万円といった幅の広いもの。

これを、面接の中で、希望の金額へ持って行く必要があります。

「最低でも今以上!」 と考えるなら、直近3ヶ月以上の給与明細を持参しましょう。

採用者が考える、最低月収ラインが見えやすくなります。

目安としては、現状よりも月収2万円以上アップで、雇用されたいですね。

経験は財産。

今後長く勤めるためにも、目に見える形で、認めてもらうことが大切です。


立つ鳥跡を濁さず”を心がけよう

無数にあるように見える「ネイルサロン」 ですが、その多くがお客様やグループなどでつながっています。

転職を考えた瞬間、業務がおろそかにならないよう要注意! 面接に受かったらすぐ退社……ではなく、最低でも2ヶ月前には、退職届を出しましょう。

「後始末や引継ぎをきちんと終わらせる」 それだけで、かつてのお客様や同僚が、新店舗へ来店場合も気まずくなりません。


さいごに

転職には、メリットが必須。

「今よりも優れた技術を学べる」

「給与や休日面の待遇が良い」

「通いやすい立地にお店がある」

「お店の雰囲気が自分好み」

など、必ず現状より、良い職場にすることが重要です。

プラスαがあることで、毎日楽しく、やりがいを持って働けますよ。